JAIST Repository >
Research Center for Advanced Computing Infrastructure >
Conference Papers >
Conference Papers >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/9551

Title: ハードウェアにおける高速なオーディオフィンガープリント 生成システムの性能評価
Authors: 荒木, 光一
佐藤, 幸紀
Jain, V.K.
井口, 寧
Keywords: オーディオフィンガープリント
電子指紋
FPGA
Issue Date: 2010-05
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 先進的計算基盤システムシンポジウム: SACSIS 2010 論文集
Volume: 2010
Number: 5
Start page: 295
End page: 302
Abstract: オーディオフィンガープリンテイング技術は,インターネット上のアプリケーションで利用されている.インターネット速度の向上に伴い,オーディオフィンガープリント(FPID)の生成時間は重要になる.本稿では,楽曲から高速にFPIDを生成するためにハードヴエアでFPID生成を行うHiFPを提案し,HiFPのハードウェア化について評価する.既存システムはFPID生成に高速フーリエ変換を用いるが,HiFPではハードウェア実装に適し,高速なFPID生成のために離散ウェーブレット変換のサブバンド分解を用いる.FPGA による評価の結果,HiFPは既存システムと比較してスループットを向上させ,使用リソース数も削減できた.そして,HiFPは70.3Gbpsのネットワーク上で適応できることが分かった.ロバスト性と識別の信頼性も既存システムと比較して向上した. : Audio fingerprinting tecniques are uesd by internet applications. As the internet connectionspeed increases, the speed of the audio fingerprint (FPID) generation becomes more important. In this paper, we propose a HiFP to realize the high speed FPID generation and evaluate the implementability in hardware. In order to generate an FPID from an audio file, the HiFP uses subband decomposition of Discrete Wavelet Transform which is suitable forhardware implementation. We compare the HiFP with a conventional FFT based system. The HiFP implemented on an FPGA can increase throughput and reduce required resources. The HiFP can be used on the 70.3 Gbps network. The HiFP can enhance robustness and reliability of audio identification.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 荒木 光一, 佐藤 幸紀, V.K. Jain, 井口 寧, 先進的計算基盤システムシンポジウム: SACSIS 2010 論文集, 2010(5), 2010, 295-302. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 Notice for the use of this material: The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/9551
Material Type: publisher
Appears in Collections:h11-1. 会議発表論文 (Conference Papers)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
15345-1.pdf11084KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology