JAIST Repository >
b. 情報科学研究科・情報科学系 >
b50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成22年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/9793

タイトル: 言語進化論的アプローチによる文法形成過程のモデル化
その他のタイトル: Evolutionary linguistic approach to modeling the process of grammatical formulation
著者: 中村, 誠
著者(別表記): Nakamura, Makoto
キーワード: 進化言語学
エージェント
モデル化
発行日: 13-Jun-2011
抄録: 本研究は,自然言語の文法が言語使用者間のコミュニケーションによって動的に形成される過程をマルチエージェントモデルによって再現し,学習環境と構文発達の関連を示す定量的なモデルの構築を目的とする.過去の研究成果を元に,通時的および,共時的な言語変化に着目したモデルを提案した.実験により,言語獲得を行うエージェントの学習能力および,それをとりまく学習環境がコミュニティ全体の言語変化に大きく影響を及ぼすことを示した. : This research aims to build multi-agent models which enable us to measure correlation between grammatical development of language and its learning environment by simulating the dynamic process of grammar formulation through communication between language learners. Based on the pre-existing models, some models focusing on synchronicity and diachronicity are proposed. Experimental results showed that languages spoken by the whole community are changed depending on the faculty of language acquisition of agents and its language environment
記述: 若手研究(B)
研究期間:2008~2010
課題番号:20700239
研究者番号:50377438
研究分野:人工知能,自然言語処理
科研費の分科・細目:情報学・認知科学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/9793
出現コレクション:平成22年度 (FY 2010)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
20700239seika.pdf248KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係