JAIST Repository >
School of Knowledge Science >
Conference Papers >
Conference Papers >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/10929

Title: 注視から認知過程へ : ベイズ統計による次元選択・潜在集団の推定
Authors: 日高, 昇平
Daniel, Yurovsky
Rachel, Wu
Keywords: Eye movement data
Infancy methods
Bayesian data analysis
Issue Date: 2012
Publisher: 日本認知科学会
Magazine name: 2012年度日本認知科学会第29回大会発表論文集
Start page: 146
End page: 148
Abstract: Fantzの研究以来、馴化法や選好注視法は認知発達の基本的な方法論となり、近年の乳児の認知研究の多くは、視線の分析によって成り立っている。しかし、視線の分析は、非線形性による解釈の困難性などの問題があり、そのため、得られた注視パタンと、それを生成する潜在的な認知過程とをつなぐ仮説を適切に立てる必要がある。本研究では、この解決策として、ベイズ統計による分析法を提案し、マルチモダル連想学習の研究の再分析を行い提案手法の有用性を検討した。
Rights: 日高昇平, Yurovsky Daniel, Wu Rachel, 2012年度日本認知科学会第29回大会発表論文集, 2012, 146-148.
URI: http://hdl.handle.net/10119/10929
Material Type: publisher
Appears in Collections:a11-1. 会議発表論文 (Conference Papers)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
18800.pdf439KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology