JAIST Repository >
School of Knowledge Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/11479

Title: プロシージャル技術とデザイン
Authors: 宮田, 一乘
Keywords: プロシージャル技術
コンテンツ制作
コンピュータグラフィックス
Issue Date: 2010-09-30
Publisher: 日本デザイン学会
Magazine name: デザイン学研究. 特集号
Volume: 17-3
Number: 67
Start page: 22
End page: 29
Abstract: 画面の高精細化にともない,映像コンテンツの制作作業は大規模化している.特にゲーム業界では,高品質な動画を多用することもあり,コンテンツ制作に映画制作並みの人員を数えることも珍しいことではない.現状では,コンテンツ制作の多くは手作業で行われているが,人的リソースの制約から一層の作業の効率化が求められている.本稿では,このような要求への解決法の一つになりうるプロシージャル技術について解説するとともに,デザイン分野への適用の可能性を探る.
Rights: This is the author's version of a work accepted for publication by Japanese Society for the Science of Design. Copyright (C) 2010 日本デザイン学会. 宮田一乘, デザイン学研究. 特集号, 17-3(67), 2010, pp.22-29.
URI: http://hdl.handle.net/10119/11479
Material Type: author
Appears in Collections:a10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
17386.pdf1271KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology