JAIST Repository >
School of Information Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/11936

Title: 音情景解析の概念にもとづいた音声プライバシー保護
Authors: 赤木, 正人
入江, 佳洋
Keywords: 音声プライバシー保護
音情景解析
カクテルパーティ効果
Issue Date: 2014-04-01
Publisher: 電子情報通信学会
Magazine name: 電子情報通信学会論文誌 A
Volume: J97-A
Number: 4
Start page: 247
End page: 255
Abstract: 我々が生活している環境にはたくさんの音が存在するため,外界から目的音の情報を得るためには,目的音のみを選択し必要な情報を得ることが重要である.複数の音から目的音を選択的に聴取可能であるような聴覚上の働きは,カクテルパーティ効果と呼ばれる.この効果が生じる主な要因として,Bregmanが紹介した音情景解析(Auditory Scene Analysis: ASA)が知られている.音情景解析が上手く行えることにより,我々は,数メートル先のヒソヒソ声でも注意を向けて聴くことができる.しかし同時に,他人に聞かれたくない会話,例えば銀行店舗や病院外来,薬局の店頭などでの機密やプライバシーに関する会話を他人に聞かれる可能性もでてくる.本論文では,音情景解析についての知見を逆に利用することで,音声プライバシー保護を行う手法について紹介する.この手法は,会話音声と同時に音声の言語意味情報を担う音韻性を曖昧にする音を再生することによって,音情景解析がなるべく有効に働かない音環境を生成し,発話内容を不明瞭にする.
Rights: Copyright (C)2014 IEICE. 赤木正人, 入江佳洋, 電子情報通信学会論文誌 A, J97-A(4), 2014, 247-255. http://www.ieice.org/jpn/trans_online/
URI: http://hdl.handle.net/10119/11936
Material Type: publisher
Appears in Collections:b10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
j97-a_4_247_AI.pdf1234KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology