JAIST Repository >
School of Knowledge Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/17741

Title: Commidor:テレワーク状況における インフォーマルコミュニケーションを誘発する仮想廊下
Authors: 小川, 和也
高島, 健太郎
西本, 一志
Keywords: テレワーク
インフォーマルコミュニケーション
廊下
メディア空間
Issue Date: 2021-03-16
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会研究報告. GN, グループウェアとネットワークサービス
Volume: 2021-GN-113
Number: 9
Start page: 1
End page: 7
Abstract: 新型コロナウィルスの影響により,テレワークの導入が多くの企業で行われている.テレワークでは,インフォーマルコミュニケーションが不足するため,意思伝達ができない,孤独感を感じるなどの問題が発生することが指摘されている.そこで,本研究ではインフォーマルコミュニケーションの不足を解消するために,廊下の概念を取り入れたメディア空間Commidor を考案・開発した.Commidor はPC 上の業務の切り替え時に画面の最前面に表示され,閉じて他の作業を行うためには,一定時間をかけて自分のオブジェクトを出口に向かわせる必要がある.その際に近接した他者とのビデオ通話が可能である.このシステムを用いた手法で実際にインフォーマルコミュニケーションが生じるかどうかを検証するために,筆者らの研究室を対象とした予備的実験と,研究室外の2 組のグループに対する実験を行った.その結果,就業時間があり全員が決まった時間帯に作業をこなす労働環境下では,十分にインフォーマルコミュニケーションを誘発することができることが示唆された. : Due to the influence of the novel coronavirus, many companies are introducing telework. Telework may lead to a lack of informal communication, which may cause impairment to quality of communication and loneliness. In order to solve the problem, we devised a media space called Commidor, which incorporates the concept of a corridor. Commidor is displayed at the front of the screen when switching between tasks on a PC, and users need to spend a certain amount of time to exit it in order to close Commidor window and perform other tasks.Users can have a video chat with other users near them on Commidor. We conducted preliminary experiment was conducted with students in the authors' laboratory and experiment in two groups in order to verify whether informal communication actually occurs with this system. Results show that our method is useful enough in an environment where everyone works simultaneously at fixed time, such as working hours.
Rights: 社団法人 情報処理学会,小川和也, 高島健太郎, 西本一志, 情報処理学会研究報告. GN, グループウェアとネットワークサービス, 2021-GN-113(9), 2021, pp.1-7. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 Notice for the use of this material: The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/17741
Material Type: publisher
Appears in Collections:a10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
GN-113-9 .pdf1115KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology