JAIST Repository >
School of Information Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/4717

Title: パラメトリックな眼鏡フレームモデルを用いた顔画像内の 眼鏡フレーム領域の抽出と除去
Authors: 齋藤, 康之
剣持, 雪子
小谷, 一孔
Keywords: 眼鏡フレームモデル
眼鏡顔
顔部品
表情解析
Issue Date: 1999-05-20
Publisher: 電子情報通信学会
Magazine name: 電子情報通信学会論文誌 D
Volume: J82-D2
Number: 5
Start page: 880
End page: 890
Abstract: 今日, 非直接対話によりコミュニケーションを行う場面が増えつつあるが, ヒューマンコミュニケーションにおいて, 表情は重要な役割を課している.コンピュータにより顔画像を解析して表情情報を抽出して伝送することにより,非直接対話のコミュニケーションにおいて,より親密かつ効率の良いコミュニケーションを実現できる.しかし,顔画像に眼鏡,ひげ,傷などを含む場合は,その物理的影響により解析を行うことが困難となるため,顔画像解析の研究では別問題として扱われている.本論文では,これらのうちで人口の多数を占める眼鏡顔について眼鏡顔画像について検討する.まず,一般的な眼鏡フレーム形状をモデル化し,顔画像内でモデルにマッチする部分を抽出する.そして,抽出した領域内の画素の輝度値を肌領域画素の輝度値で置換することで眼鏡フレーム領域を除去する.その結果,顔部品の領域抽出に支障のない眼鏡領域の除去ができることを示す.
Rights: Copyright (C)1999 IEICE. 齋藤 康之, 剣持 雪子, 小谷 一孔, 電子情報通信学会論文誌 D, J82-D2(5), 1999, 880-890. http://www.ieice.org/jpn/trans_online/
URI: http://hdl.handle.net/10119/4717
Material Type: publisher
Appears in Collections:b10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
120.pdf4710KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology