JAIST Repository >
School of Information Science >
JAIST Research Reports >
Research Report - School of Information Science : ISSN 0918-7553 >
IS-RR-2007 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/8439

Title: ソフトウェアアカウンタビリティ実現のためのGORAと法理論の利用に関する報告
Authors: 杉森, 隼人
落水, 浩一郎
Issue Date: 2007-03-28
Publisher: 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科
Magazine name: Research report (School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology)
Volume: IS-RR-2007-005
Start page: 1
End page: 35
Abstract: 近年、社会のあらゆる場面で情報システムが利用されている。これら情報システムには、国や学校などの組織が定める規則を仕様とするものがある。規則を仕様とする情報システムを利用するにあたって、システムが行った判断や行為について、利害関係者がいくつかのタイプの質問を持つことがある。本研究では、利用者からの質問のうち、「この行為はなぜ義務とされているのか」という質問に対し、情報システムが答える、といった環境を作ることを目標とする。ゴール指向要求分析、及び、法理論の考え方を利用して、規則の制定目的と規則との対応情報を管理するデータベースを設計する。また、JAISTの履修規則の設計例を示す。
URI: http://hdl.handle.net/10119/8439
Material Type: publisher
Appears in Collections:IS-RR-2007

Files in This Item:

File Description SizeFormat
IS-RR-2007-005.pdf1561KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology