JAIST Repository >
b. 情報科学研究科・情報科学系 >
b50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成22年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/9797

タイトル: 海馬型ニューラルネットに基づいた筋電義手のための動作推定システムの開発
その他のタイトル: Motion Estimation System for Myoelectric Prosthetic Hand Based on a Hippocampus Neural Network
著者: 末光, 厚夫
著者(別表記): Suemitsu, Atsuo
キーワード: 医療・福祉
脳・神経
生体機能代行
筋電義手
ニューラルネット
発行日: 10-Jun-2011
抄録: 本研究では,使い勝手の良い筋電義手の実現のために,申請者らが提案した海馬型ニューラルネットを基に,表面筋電位(EMG)信号から使用者の意図した手・腕の動きを推定するシステムを構築した.構築したシステムは,未学習のEMG 信号から6動作(手首屈曲,手首伸展,握る,開く,前腕回内,前腕回外)を平均約95%の精度で識別可能であるだけでなく,大量の学習データは不要,センサの冗長性を許容,事前トレーニングは不要という実用的な特徴を持つ. : In this study, we constructed a motion estimation system for practical myoelectric prosthetic hands based on a hippocampus neural network we have previously proposed. The proposed system can classify six hand motions (wrist flexion, wrist extension, grasping, opening up, wrist supination, and wrist pronation) with an average of about 95% accuracy by using surface electromyogram signals. In addition, it does not require the large number of training data samples, the user to position sensors on optimal locations, and the user to be trained in advance.
記述: 若手研究(B)
研究期間:2009~2010
課題番号:21700576
研究者番号:20422199
研究分野:総合領域
科研費の分科・細目:人間医工学・リハビリテーション科学・福祉工学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/9797
出現コレクション:平成22年度 (FY 2010)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
21700576seika.pdf335KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係