JAIST Repository >
b. 情報科学研究科・情報科学系 >
b11. 会議発表論文・発表資料等 >
b11-1. 会議発表論文・発表資料 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/12334

タイトル: 同一チェスプログラムグループによる合議制における投票結果の分散パターンの調査
著者: 曾根, 彰吾
長束, 薫
由井薗, 隆也
飯田, 弘之
キーワード: 投票
発行日: 2014-10-31
出版者: 情報処理学会
誌名: ゲームプログラミングワークショップ2014論文集
巻: 2014
開始ページ: 75
終了ページ: 81
抄録: 近年,様々な研究により,複数のプログラムによる合議システムが将棋やチェスなどにおいて有効であることはよく知られている.しかし,なぜ合議制による集団が性能を向上させるのかという疑問に明確な答えは出ていない.この問題の答えを探るために,「集団の知恵」という考え方に着目し,合議アルゴリズムにおける集約性についての提案と考察を行う.その為に,全く同一のチェスプログラムから成る単純合議アルゴリズムを用いて実験を行い,グループサイズが大きいほどそれよりも小さいものと比べて勝率が高くなることがわかった.また,その実験における各プログラムの投票結果を4つのパターンへと分類し,投票がどのように集約され,また分散されたのかを分析した.その結果から,合議制として適したグループサイズは,十分な大きさを持ち,かつ奇数の集団ではないかと考えた. : It is well known that the council system of three or more programs is a powerful evaluation tool used in various social sciences, and well-adapted for computer games such as chess and shogi. However, no one has a clear answer why performance is improved by the group voting system. In order to find the answer to this question, we focused on the concept “The Wisdom of Crowds." We proposed the Aggregation in Council Algorithm, and analyzed the results of thousands of chess games. Using majority voting consisting of iterations of the same program to test the effect of group size on performance, we classified the outputs of each program into four categories and investigated how the voting is gathered or divided. As a result, we propose that the condition of optimal group size in council system may have enough engines and odd numbers groups.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 曾根彰吾, 長束薫, 由井薗隆也, 飯田弘之, ゲームプログラミングワークショップ2014論文集, 2014, 75-81. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 Notice for the use of this material: The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright c Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/12334
資料タイプ: publisher
出現コレクション:b11-1. 会議発表論文・発表資料 (Conference Papers)


ファイル 記述 サイズ形式
21329.pdf804KbAdobe PDF見る/開く



お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係